んなお悩みはありませんか?

  • 脚に痛みと痺れがある
  • ヘルニアで手術が必要と言われた
  • 首を痛めてから手が痺れる
  • 少し歩くと痛みで動けなくなる
  • 体重をかけると痛みと痺れが出る
  • 安静にしていてもお尻や脚が痛む
  • ずっと手足に違和感がある

経痛について

神経痛とは手足に繋がる末梢神経のうち、感覚神経が骨のズレや歪みで筋肉と神経が圧迫され、それが痛みやしびれとして認識することで起こります。
神経痛の大きな原因にはヘルニアや帯状疱疹がありますが、整骨院で治療できるのはヘルニアによる神経痛です。
骨格・筋肉を原因とする神経痛には、坐骨神経痛、肋間神経痛があります。
坐骨神経痛は腰椎椎間板ヘルニアが主な発生原因で、腰椎から伸びている坐骨神経の神経根がヘルニアによって触れてしまい、神経を刺激して生じる痛みです。
腰椎椎間板ヘルニア以外にも腰部脊柱管狭窄症や変形性腰椎症なども考えられ、症状のひどい人では歩くことも辛くなります。
症状としては鋭く電気が走ったような痛みを生じ、身体を動かすたびに神経を刺激して痛みが現われます。
右か左のお尻から太ももの後ろ側、ふくらはぎまでに症状が出ることがほとんどです。

次に肋間神経痛は肋骨と肋骨の間を通る神経が、背骨の歪みや首のヘルニアによって圧迫されることで起こります。
ウイルス感染や肋骨の骨折が原因となることもあります。
肋間神経痛では深呼吸や声を出した時に鋭い痛みを生じやすく、肋骨を動かす動作をするときに痛みを増すのが特徴です。
肋間神経痛も坐骨神経痛と同様、左右のどちらかにだけ症状が出るケースがほとんどです。

では、なぜ神経痛は起こってしまうのでしょうか。
原因は複数挙げられますが、代表的な原因としては長時間同じ姿勢を続けること、繰り返し腰や首に負担を掛ける動作中腰姿勢スマホやパソコンの操作などが考えられます。
こうした原因は筋肉や骨格の同じ部分だけ負担を掛け続け、その結果筋肉の緊張状態が続き、筋肉の柔軟性が失われることが要因です。
神経痛の症状が出てくると、「動くと痛くなる」「立っているのが辛い」などの不安が強くなり、さらに動かなくなっていきます。
そして、同じ姿勢を取り続けることで筋肉と骨格に負担となり、ますます神経痛が悪化してしまうという悪循環です。
適度に身体を動かして筋肉の血流を改善できれば、筋肉の柔軟性を維持し、身体への負担も軽減できます。
一度悪循環に陥ってしまうと改善が難しくなるため、悪化の兆候が出てきた時点で早期に対応することが大切です。
神経痛が完全に悪化してしまうと治りが悪くなりますから、「神経痛かな?」と感じたら整骨院に相談してみましょう。

っておくと

神経痛の原因がわかったところで、もし神経痛の症状が現われているのにそのまま放置するとどうなるのでしょうか。
神経痛を放置すると症状は徐々に進行し、様々な症状が現れるようになります。
坐骨神経痛の場合は左右どちらかの痛みが強くなることから、片側をかばうように歩くことになるでしょう。

通常、人間の身体は左右対称の構造をしており、片側にバランスが傾くことはありません。
しかし、片側をかばうように動いていると、問題のない健側にも負担が掛かり、次第に筋肉の血流も悪化していきます。
また、片側にだけ負担が掛かることで膝や股関節に痛みが出るようになり、今度は問題のない方の脚にも痛みが発生します。
片側にだけ体重を掛けて動くようになると、骨盤や背骨も歪み、上半身のバランスが崩れていくでしょう。
身体のアンバランスは筋肉・骨格の負担を強め、坐骨神経痛の痛みとしびれを強めてしまいます。

肋間神経痛についても同様で、椎間板のズレや圧迫で症状が悪化します。
神経痛による痛みを運動で改善しようとする方もいますが、無理に動かすと悪化する要因になりますからやめましょう。
具体的には以下の行動には注意してください。
  • 重いものを持ち上げる
  • 1時間以上座った姿勢を続ける
  • ふくらはぎ(ハムストリングス筋)のストレッチ
  • 前屈みの姿勢
  • 身長と体格に合わない椅子に座る
  • 身体をねじる動作
  • 柔らかすぎるベッドを使用する
  • 身体を冷やす
  • 体重増加
神経痛が悪化する原因として、上記の行動に当てはまるものは要注意です。
日常生活でよく行う動作が多いので、どうしてもやらなければならないときはポイントを押さえて行ってください。
例えば、重いものを持ち上げるにしても、なるべく自分の身体に引き寄せること、そのうえで肩幅に足を広げます。
頭・背中・お尻がまっすぐになるよう意識しながらしゃがみ、立ち上がりながら持ち上げましょう。
また、椅子に座った姿勢も長時間維持するのは負担ですから、30分に1回くらいは立ち上がって歩くようにしてください。

他にも体重増加は身体全体に負担が掛かりますから、体重を維持することも大切です。
神経痛は放置しても改善するものではなく、整形外科では痛み止めや湿布などの対症療法しか行っていません。
神経痛を根本から改善するには筋肉・骨格を正しい位置に矯正し、神経への圧迫を緩和して症状を改善することが重要です。

院での改善方法

神経痛の症状を改善するには、背骨のズレや筋肉による神経の圧迫を取り除くことが最も重要です。
神経痛を改善するため、当院では鍼灸整骨院という特徴を生かし、以下の施術メニューを用意しています。
  • ゆらら式手技療法
  • ゆらら式骨格矯正施術
  • エレクトロ電気療法
  • グアシャ療法
  • 鍼灸施術
  • トレーニング
一般的な整骨院の神経痛治療では手技療法と電気治療を行います。
しかし、グアシャ療法や鍼灸、専門的なトレーニング指導を行っているのは当院だけです。
また、当院の手技療法は「ゆらら式」とついている通り、独自の経験と体系に基づいた治療方法です。

ゆらら式手技療法では、呼ばれる痛みの原因のトリガーポイントを刺激し、過緊張によって硬くなった筋肉を緩め、同時に骨格の矯正を行います。
加えて、ゆらら式の骨格矯正施術では、背骨の矯正をはじめとして、以下の関節の矯正が可能です。
  • 腰椎・骨盤矯正
  • 胸腰椎移行部の矯正
  • 上部胸椎の矯正
  • 頸椎の矯正
神経痛では筋肉だけでなく腰椎や頸椎、骨格に歪みが生じることで神経を圧迫し、その結果手足の神経に痛みと痺れが現われます。
そのため、神経痛を引き起こす一部の背骨や筋肉だけでなく、骨盤~背骨全体を矯正することが重要です。
また、神経痛治療の効果を高めるためにエレクトロ電気療法を行い、筋肉の柔軟性向上と回復を促進します。
エレクトロ電気療法は、背骨のずれによって損傷した筋肉の血流を改善し、回復期間を大幅に短縮できます。
エレクトロ電気療法は捻挫や肉離れなどでも使用する機器で、怪我からの回復にも役立つ治療法です。

そして、グアシャ療法は中国の伝統的な医術の1つで、安全で即効性のある民間療法として昔から受け継がれているものです。
グアシャ療法では専用のステンレス製のツールを用いて、硬くなった筋肉、靭帯、関節に柔軟性を高め、回復効果が期待できます。
筋肉・腱・靭帯のコラーゲン、そのコラーゲンの動きを阻害するクロスリンクをグアシャ療法で取り除きます。
当院の治療では、このように複数の施術メニューを患者様の状態に合わせて使用し、根本改善することが特徴です。

当院は商業施設に併設された広い駐車スペースを完備し、平日・土曜日は夜8時まで営業しています。
ご予約を頂ければ完全個室で施術を行い、人目を気にする必要もありませんから、人に見られるのが苦手な方にもおすすめです。
ご予約も電話またはWebでいつでも受け付けております。
坐骨神経痛や肋間神経痛でお悩みの方は、筋肉・骨格・神経の損傷を根本改善できる当院へお気軽にご相談ください。

エコー検査の動画

NS情報

和田勝寿和田勝寿
00:36 08 Jan 23
ゴルフプレーで地面を叩き過ぎて数年、ついに左手首の慢性の痛みが爆発し、年末ギリギリに色々とインターネットで接骨院さんを検索して、土曜日も診療されていて、駐車場も併設されていると言う事でこちらの接骨院さんに巡り合いました。予約をさせていただいていたので待ち時間も無く、直ぐに院長先生に診察(エコー検査)、治療をしていただき、簡易ギブスも作成いただき、通院、リハビリ生活がスタートしました。院長先生を筆頭にし、スタッフの皆様も若く、お元気で礼儀正しく、直ぐに馴染める雰囲気でありました。初回から患者さん目線で色々とご説明、対応をいただき、既に4回も診ていただいている事もあり、少しづつ良くなって来ているなぁと実感しています。まだまだ、完治に至っていませんので、通院、リハビリ生活は続くと思いますが、左手痛が完治しても老化に伴う全身の衰えのケアーも継続してお願いしたいなぁと思う接骨院さんでありました。何卒、これからも宜しくお願い致します。
こしあんこしあん
08:23 06 Dec 22
以前から 右の肩に痛みがあり 通院するようになりました。問診でとても詳しく症状を聞いてくださり なぜ痛いのかを説明してくださいました。週に1回ですが 通うたび 痛みがマシになってきています。受付の方も いつも元気よく笑顔で対応してくださいます。院内もとても清潔で コロナ禍でも 安心して通院できます。
大塚萌愛大塚萌愛
09:00 21 Nov 22
以前から通っていた母に勧められて猫背治療のために通っています。最初の1ヶ月は矯正と体の治療両方して頂いていましたが、症状が緩和してきたこともあり現在は体の治療のみで通っています。スタッフさん方はいつも明るく元気に挨拶してくださいます。また、院内は清潔感があり、ウォーターベッドなどの設備もあることから毎回とても快適に過ごさせて頂いています。
瀧文男瀧文男
09:04 07 Sep 22
昨年6月に段差につまづきこけて両膝を強打しその場で立てづガレージの車の所3m位までよつんばではって車のドアを持って立ち上がる事が出来ましたが両膝を少し曲げると膝がガクンと折れる状態になり両膝をまっすぐにして歩く状態でした。次の日に携帯で膝を治すいい接骨院がないか調べていた所ゆらら鍼灸整骨院がいいと書いてあったのですぐに行きました。始めて行くととすぐに超音波の検査で膝の悪い所をみつけてもらい又わかりやすく説明もしていただきいい所だなあと感じました。それからは、治療に専念して1ヶ月~6ヶ月ぐらい治療に通った時に膝を少し曲げてもガクンとならず粘れる所まで回復今年で1年と3ヶ月になりますが階段を登り下りする所まで回復しました。又、大場院長スタッフのみなさんがいい人ばかりで心まで癒やしてくれる最高のゆらら鍼灸整骨院です。まだこれからも治療に通い続けます🙆☺️
依澄(いすみ)依澄(いすみ)
03:18 18 Aug 22
首が痛くて来院しました。院内の雰囲気も良く、先生もしっかり説明してくれるので安心して治療が受けれました。ネットでも予約が出来るのでとても便利です。子どもも連れて行っても大丈夫なので、小さいお子さん連れでも利用しやすいです。受付の方も先生もとても優しく対応して下さいます。整体の方も勧められて通っていますが、だんだん身体も軽くなっていて効果が実感出来ています。続けて通いたい医院です。
Mariko AsakuraMariko Asakura
15:45 27 Jul 22
夫婦共々以前より通わせていただいています。毎回スタッフさん全員の私達患者の名前を呼びながらのはつらつとしたご挨拶が印象的です。また施術中の明るくフレンドリーなトークにいつも元気をもらいます。今回は自転車での交通事故外傷からの頚部痛・腰痛の悪化で通わせていただいていますが、丁寧な問診から身体の状態・症状の確認、的確でピンポイントな施術で痛みがかなり緩和しつつあります。また現在妊娠中なのですが、その点にも十分配慮した上での対応でとても安心です。今後もぜひお世話になりたいと思います。良い整骨院を探しておられる方にはとってもおすすめです。
ss
00:35 02 Jun 22
先日1歳の娘が脱臼してしまったので、電話するとすぐに対応してくださり伺わせてもらいました。一瞬で治してくださったので娘も泣かずでした🧒🏻私も妊娠中から通わせてもらってますが、先生も受付の方も凄く気さくで話しやすく、とてもアットホームな印象です。自宅の近くにも沢山整骨院が有るので数回行きましたが、やっぱりゆららの皆さんの人柄や施術、そして何か有れば迅速に対応してくださるのでもうここしか行けません。笑
ogn56ogn56
07:45 19 May 22
ぎっくり腰になり、電話するとすぐに対応してくださり、治療に伺いました。受付の方、先生方、に大丈夫ですか?と声をかけてもらいそれだけでも安心できました!治療も体の痛みを確認しながらして頂き今日はこの治療をしますねと説明をきちんとしていただきました!帰る頃にはさっきぎっくり腰になったのが本当なのか?と思うぐらい楽になりました!そしてしばらく続けてきてくださいねと今後の事も考えてくださり伝えてくださる先生!!ありがたい♡院内の雰囲気もとても明るく皆さんが一人一人の患者さんに笑顔で対応されていて素晴らしいなと思いました。お勧めしたい鍼灸整骨院だなと思い口コミ書きました(^^)これからもよろしくお願い致します(^^)
js_loader

情報

院外観
  • 院名:ゆらら鍼灸整骨院
  • 住所:〒578-0924 
    大阪府東大阪市吉田5-9-22
  • 連絡先:072-960-3460
  • 定休日:日・祝
  • 予約の有無:予約優先制
診療時間
9:00~12:00
15:00~19:30